貸し会議室をレンタル【SPACE確保で効率アップ】

用途が幅広い

様々な需要がある貸し会議室

その名の通り貸し会議室は会議として利用するのはもちろんのこと、社内研修、会社説明会、各種セミナー、株主総会、採用試験、入学試験など自社のスペースではカバーできない催し物については、外部の貸し会議室を利用することが多くなっています。 施設によっては、プロジェクターやスクリーン、マイクなど映像や音響施設を備えていたり、他にもオプションで様々な備品をレンタルして会議室(ハコ)だけでなく、充実したサービスを提供しているところも多くみられます。 金額は立地や広さ、サービス内容によって様々です。ターミナル駅に近いところにあったり、最新の設備を整えているところはやはり値が上がりますが、利便性が良く参加者にも満足してもらえると言えるでしょう。

会議室は使いたい時だけ借りる時代

ひと昔前では会議室といえば、当然のように自社に用意している場所でした。しかし時代の変遷とともに会議室は「借りて」利用するものとなりました。背景には「経費削減」が叫ばれる中、「使いたい時に使いたい分だけ借りる」という意識が芽生えてきたせいでしょう。 また施設側も余っている部屋を入居者なくそのままにしておくよりも、貸し会議室として貸し出しをすることにより、利用料収入が得られるので助かります。不動産活用の面から見てもとても合理的な方法と言えるでしょう。 貸し会議室は、会社が会議室として利用するだけではなく様々な利用法があります。

↑ PAGE TOP